HOME > 美味しさの原点

美味しさの原点

 

美味しさの原点クーヘナー紹介はちやのふるさと

イメージCM

はちやのバウムクーヘンは

地元「日光」の素材を厳選し、こだわり、

バウムクーヘンに最適な逸品を選びました。

 

美味しさの原点
美味しさの原点
ポイントは豊かな自然を誇る国立公園「日光」ですくすく育った鶏の「地たまご」と、発売当初より一流フランス料理店のシェフから絶賛を受け、知る人ぞ知る“幻のバター”と言われる「カルピス(株)バター」です。ポイントは豊かな自然を誇る国立公園「日光」ですくすく育った鶏の「地たまご」と、発売当初より一流フランス料理店のシェフから絶賛を受け、知る人ぞ知る“幻のバター”と言われる「カルピス(株)バター」です。

日光の卵

日光の地たまご

おいしいバウムクーヘンを作るうえで最も大切なのは、生地の約3割を占める『たまご』です。鮮度や味はもちろん、白身の水分含有量や安定度合いなどから、私たちは自然豊かな地元日光生まれの地たまごを選びました。

 

カルピスバター

カルピス(株)バター

豊かな風味はカルピス㈱バターが演出します。良質で新鮮な牛乳から得られる乳脂肪だけを入念な工程のもとに作られ、カルピス40本分から1包できる希少なもの。まさにバターの王様です。また、ろっくバウムにはカルピス㈱の発酵バターを使っています。

北関東産の小麦粉

北関東の小麦粉

私たちの地元 北関東産の小麦粉が、はちやのバウムクーヘンの"ふんわり"の決め手です。当店では栃木・群馬・埼玉産のものを吟味して使用しています。

はちやのバウムクーヘンが出来るまで
写真をクリックすると拡大します。